COC+シンポジウム「地域と共に人づくり!~若者の地元定着をめざして~」(2/9)を開催しました!

2月9日(金)に福島市内にてCOC/COC+リレーシンポジウム「共に未来を切り拓く~地域に学び、地域を創る人づくり~」のシンポジウム1としてCOC+シンポジウム「地域と共に人づくり!~若者の地元定着をめざして~」を開催しました!
地域の企業、自治体、大学関係者等約130名の皆さんにご参加いただきました。

基調講演には、法政大学大学院政策創造研究科教授、人を大切にする経営学会会長の坂本光司先生をお招きし、「人を大切にする会社がいい会社」というテーマでご講演をいただきました。
業績だけではなく、社員や家族、顧客などすべての関係者が幸せを感じる会社がいい会社であるとについて、豊富な経営事例を紹介していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

講演を聞いた方からは、
「事例が豊富でわかりやすい」、「調査に裏付けられた内容で深い重みがあった」、
「企業は人を幸せにするためにあるということを、具体例を挙げて説明していただいた」、
「坂本先生の講演をきっかけに自分なりの『いい会社』の目標が持つことができた」、
「たくさんの企業の方に聞いてほしい」、「もっと話が聞きたかった」など、たくさんの感想をいただきました。
坂本先生、ありがとうございました!

また、COC+事業成果と今後の取り組みについて、小沢喜仁福島大学COC+推進室長(福島大学理事・副学長)より報告がありました。

 

 

 

 

 

 

 

最後には地元企業の方と学生を交え、
「企業の魅力ってなんだろう!?」と題し、パネルディスカッションを行いました。

【パネリスト】
佐藤 稔氏(福島商工会議所 佐藤雇用・育成委員会委員長)
安部直樹氏(コバックス株式会社 取締役部長)
遠藤純一郎氏(株式会社マルトグループホールディングス 採用教育部課長)
学生(東日本国際大学、桜の聖母短期大学、福島大学)
【コーディネーター】
赤尾尚洋(福島工業高等専門学校 特命准教授)

企業からは社員育成や働き方改革の取組みの紹介、学生からはインターンシップやCOC+事業におけるキャリアサポーター制度などを活用したことにより、様々な業種を色々な角度で考えるきっかけになったことなどの体験報告がありました。

“企業の魅力”というテーマを通し、地方における人材定着の課題やこれから各界に求められる取組みについて考えるシンポジウムとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

本COC+事業は、県内高等教育機関4校と、県、企業・商工団体の合わせて19機関による連携事業です。
学生へ県内企業や福島で働くことの魅力などを伝えるために、これからも様々な形で連携し、
事業を展開して参りますので、皆様のご理解とご支援をさらにお願いをいたします。
シンポジウムのご参加、誠にありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。