福大生×キャリアサポーター交流会を開催しました!NEW!

平成30年10月31日福島大学附属図書館にて
*************************************
福大生×キャリアサポーター交流会
聞く。知る。わかる。#How  to  就職。
『就職』を考えよう。
*************************************
を開催しました!

(開催の挨拶をする伊藤副学長)

学生とキャリアサポーターとの交流会はこれまで年2回開催しており、
今年度1回目となる今回の交流会では
学生がキャリアサポーターと交流をすることで仕事や働き方に対する理解を深め
同時に県内企業の魅力を知る機会となることをねらいとして開催しました。

(司会を担当したCOC+学生サポーターの二人)

キャリアサポーターにとっても ”いまどき” の学生の視点や傾向を知ることで、
自社の採用活動や人材育成などの活性化につなげていただくとともに、
自社PRの場として活用していただくことをねらいとしています。

今回は学生 55 名、キャリアサポーター 51 名、合計 106 名にご参加いただきました!

ブレイクタイムでは 15 分の間により多くの相手と簡単な自己紹介を行うレクリエーションを行い、
会場内いっぱいに学生とキャリアサポーターの挨拶が交わされました!

  

キャリアサポーター自己紹介では、キャリアサポーター 1人 ずつに学生に向かって自己紹介を行っていただき、
「どんな仕事をしているか」「仕事のやりがい」や「会社を選んだ理由」「どんなところが魅力的か」などをお話しいただきました。

  

業界グループ別座談会は
『知る』  ~Time to Know ~ 学生と社会人のギャップをリサーチ
『わかる』  ~Time to Understand ~ 業界グループ別座談会
の2部構成で行いました。

ギャップのリサーチでは、申し込み時にキャリアサポーターと学生に
「良い人材とは?」「魅力を感じる会社とは?」 という共通の質問に回答してもらい、
その結果にどのような違いがあるかについて自由に意見交換。
それぞれの考えの ” ギャップ ” や ” 共通点 ” 実感する機会となったのではないでしょうか?

  

座談会では冒頭にキャリアサポーターより
① どんな会社なのか(事業内容や風土)
② 業界の特性やその中での自社の特性
③ どんなパーソナリティの人が合っているか(向いている)か
をお話しいただいた後、学生からのさまざまな質問にお答えいただきました!

  

  
学生たちがキャリアサポーターの ” リアルな ” 話を熱心に聴いている様子が印象的でした。

最後にはフリータイムを設け、
学生がさらに詳しく話を聴きたいキャリアサポーターや座談会で話を聴けなかったキャリアサポーターと
時間ギリギリまで熱心に話をする様子も見られました。

  

学生たちには、交流会での経験をこれからのキャリア形成に生かしていくと同時に、
県内企業に興味を持つきっかけにしてもらいたいと思います。

お忙しい中、ご参加いただきましたキャリアサポーターの皆さま、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。