COC+公開シンポジウム「地域と共に若者を育てる!」を開催します!(2/17)(終了しました)

福島大学では、平成27年度より、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の採択を受け、新たなプロジェクト「ふくしまの未来を担う地域循環型人材育成の展開」を進めてまいりました。福島県に求められる人材の育成と、若者の地元定着を促進する取り組みを活動の両輪としながら、キャリアサポーター制度の創設による学生と社会人の接点作りなど独自の取り組みも行っています。このシンポジウムでは、これまでの1年間の取り組みの成果を報告し、地域の皆様のご理解をいただくとともに、学生、キャリアサポーターなども交えたパネルディスカッションを行い、本COC+事業について様々な方からご意見を頂戴することで、今後の事業発展に繋げていきたいと考えています。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

お申し込みは、以下のPDFファイルをダウンロードしていただき、チラシ裏面の参加申込用紙に必要事項を記入し、FAXまたはメールでお送りください。
COC+公開シンポジウム(PDF)

【COC+公開シンポジウム 地域と共に若者を育てる!】
日時:平成29年2月17日(金)13:00~
場所:コラッセふくしま 4F 多目的ホール(福島市三河南町1-20)
内容:
①記念講演 白河桃子氏 演題:人口減少社会の若者ライフコースを考える
②事業報告 COC+事業成果報告と今後の取り組みについて
③パネルディスカッション <学生、キャリアサポーター、企業、行政、大学>
福島で働く魅力・・・! 若者の地元定着に向けて何をすべきか?
申込み:締切 2月15日(水)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。