これまでの取り組み

キックオフシンポジウム 2016.2.9

torikumi3本事業への地域理解を促進するために、企業関係者、自治体関係者、大学関係者など約160人の参加を得て、キックオフシンポジウムを開催しました。渡邊博美福島商工会議所会頭の講演の後、パネルディスカッションを行い、大学、自治体、企業のそれぞれの立場から本事業の課題や期待について意見交換を行いました。

COC+公開シンポジウム ~オール福島で地方創生を!in郡山「若者が変える福島」~2016.8.20

平成28年8月20日(土)郡山市ビッグアイにて公開シンポジウムを開催しました。
第1部は基調講演として、株式会社福島県民球団 福島ホープス代表取締役社長 扇谷富幸氏から「チャレンジが自分を変えていく」をテーマに球団設立や福島の創生への想いなどについてご講演をいただきました。約80名の方に参加いただき、参加者のみなさんは扇谷氏のホープスや福島への熱い思いに熱心に耳を傾けていました。

その後の第2部では、「福島県内若手社会人 異業種交流会」と題して、COC+事業「キャリアサポーター」の皆さんおよび「キャリアサポーター」制度に関心のある一般の方を対象にした異業種交流会を行いました。ファシリテーターとして1級キャリアコンサルタント技能士である阿部登志子氏をお招きし、交流を図りながら、「福島の魅力」について語り合うなどのグループワークを実施しました。

参加者からは、
「扇谷さんの熱意が伝わり、心が熱くなりました。」
「自然体で変にギラギラしたものではなく、真剣に福島の今と向き合う人の生の声が聴けて本当に良かった。」
「福島県にとってとても重要な役割を担う事業だと理解できたし、地元の企業に勤める人間としてとても勉強になった。」
「県内で同じように頑張っている方々との交流は楽しく、刺激的でした。」
などの声をいただきました!
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

COC+公開シンポジウム ~地域と共に若者を育てる~2017.2.17

平成29年2月17日(金)コラッセ福島多目的ホールにて公開シンポジウムを開催しました。
第1部は基調講演として、基調講演では白河桃子氏より人口減少社会における働き改革について、また女性が働きやすい環境こそが男性も働きやすく人材定着につながることなどについて、お話しいただきました。
若者の人材定着を目指すCOC+事業を展開する社会環境の課題や改革の方向性を理解する上で、大変示唆に富んだものとなりました。

後半のパネルディスカッションでは、学生2人からは、インターンシップに参加したり、キャリアサポーター制度を利用してみての感想などを、キャリアサポーター、企業、大学、自治体のそれぞれの立場からは、取り組みの紹介などを紹介いただいた後、テーマ「福島で働く魅力!~若者の地元定着に向けて何をすべきか?~」について、ディスカッションを行いました。

本COC+事業は、県内高等教育機関4校と、県、企業・商工団体の合わせて18機関による連携事業です。
学生へ県内企業や福島で働くことの魅力などを伝えるために、これからも様々な形で連携し、事業を展開していく予定です。
皆様のご理解とご支援をさらにお願いをいたします。